スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去勢・軟口蓋過長・鼻腔狭窄矯正の手術



近所の動物病院。小さい頃からのかかりつけです。

去勢手術のことは前から考えていたのですが、麻酔のリスク等を考えると思いきることが出来ませんでした。

やるのなら2歳くらいまでにやったほうがいいと言われていたので、

軟口蓋過長と鼻腔狭窄矯正も一緒にやってもらいました。

軟口蓋とは人間でいう喉ちんこです。それが長いので気道が塞がり呼吸が苦しくなるそうです。

先生の話では、鼻腔狭窄矯正もやったほうが呼吸は楽になるとのことでした。

呼吸が苦しいと心臓にも負担がかかるので花道のこれからの為に手術しました。



手術前日です。立派なタマタマちゃんがあります(・´з`・)



術後写真( ;∀;) 縫った糸が痛々しい( ;∀;)



切り取った軟口蓋(・´з`・)

先生の話ではかなり塞がっていたみたいです。



鼻腔狭窄矯正手術とは(´∀`)

鼻の穴を広げる手術です。これは手術前の写真です。



術後写真です。見事に鼻の穴が広がっております(´∀`)

よ~く見ると青い糸が見えます。喉と同じで自然に溶ける糸だそうです。( ゚ω^ )b



点滴痕も痛々しい( ;∀;)

2泊3日の手術でしたが、無事に終えて良かったです(∩´∀`)∩

入院中もお利口さんだったみたいだしv(´∀`*v)

今まではドッグランで走るとハァハァ→ガァガァ→ヒィヒィとなり

他の飼い主さんもびっくりするくらい呼吸が荒くなっていましたが

今回の手術によって改善され楽しく遊べると思います。

全国の花道ファンの皆様、心配して下さりありがとうございました<(_ _)>

これからも花道の応援宜しくお願い致します。てへ






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして!
現在6ヵ月のフレブルれおんの母hanaと申します。
鼻腔狭窄、軟口蓋過長の手術について、かかりつけの病院に勧められていますが、いまいち、決断できずに情報をさがしておりまして、花道くんのところにたどりつきました!

手術をされて、最近の花道くんはいかがでしょうか?

うちのは、いびきもたまにしますが、あまり頻繁ではなく
散歩のときや遊んでいるときに、ハァハァはするけれど
ちまたでよくいうガハガハまではならないので
本当に手術に踏み切っていいのか悩んでおります。

大変ご迷惑ながら、
どうか花道くんの状況をお教えいただけると
ありがたいです。
突然で申し訳ありません。

hanaさんへ

hanaさんこんにちはi-179
コメントありがとうございました。
hanaさんのブログにおじゃまさせてもらいましたi-194
プロフィール

花道ファミリー

Author:花道ファミリー
花道  2011.6.2生まれ
のび太 2013.6.2生まれ
♂ フレンチブルドッグ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。